福岡・春日神社の初詣2024の混雑状況は?屋台やおすすめアクセス方法も!

福岡・春日神社の初詣の混雑状況についてご紹介します。

こちらは奈良にある春日大社を総本社としている神社です。言葉の神様とされており、出世開運や諸願成就、学業成就などの神様として知られています。

初詣の日以外は季節によって風鈴が飾られたり手水舎に紫陽花などを飾っており、インスタグラムなどで少し有名になりました!

福岡・春日神社は人気の初詣スポットなので、混雑状況について気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、福岡・春日神社の混雑状況や混雑回避方法だけでなく、屋台やおすすめのアクセス方法をご紹介します。

周辺の宿泊先はこちらから予約できます!

目次

福岡・春日神社の初詣2024の混雑状況&混雑予想は?

福岡・春日神社は年末はお礼参りなどの人が数人お参りをしているだけで、年始ほど並んだり待つことはありません。

やはり年始、それも元旦が一番のピークです。天候にもよりますが、基本的に元旦の昼は混んでおり、境内の外の道路まで並んで参拝を待つことになります。

ピークは元旦のお昼前の11時頃〜昼過ぎ15時頃までで、元旦を過ぎて1月2日、3日になれば混雑は緩和されますが、少し並ぶことは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

境内に入れば4人1列で参拝を待つことになります。

毎年春日神社に初詣に行っていますが、道路まで並んでいることが多いです!

福岡・春日神社の初詣2024の混雑を回避するには?

初詣行きたいけど少しでも混雑を回避するにはどうしたらいいかな?

元旦は避けたほうが良いでしょう。

以前12月31日の夕方に行きましたが、その時は誰も並んでおらず数人がお参りしているだけで、すんなりと境内からお参りへ行くことができました。

元旦は境内の外まで並ぶので、元旦は避けるのがベターでしょう。

1月2日や3日の日中はそこまで並ばずにお参りできると思います。

もし元旦にお参りするのであれば夕方のほうが参列者は少ないと思いますが、気候により変化もするのでなんとも言えません。

以上から、

  • 年末
  • 元旦なら夕方以降
  • 1月2日や3日の日中

を狙って行くと、あまり混雑を気にせずに初詣を満喫することができそうです♪

福岡・春日神社に屋台はある?

福岡・春日神社の屋台は年々減っていますが、毎年少なくとも2店舗ほどはあります。

串、橋焼き、たこ焼きなどの焼き物系とお面などのお店が例年並んでおりますが、買っている人はあまり見たことがありません。お店も小規模です。

店主さんがトイプードルなどの小型犬を飼っており、お店に連れてきていることがあるので並んでいる際の多少の癒やしになります。

昔は屋台が多かったので、少なくなっていくのは寂しいです

福岡・春日神社へのおすすめアクセス方法は?

福岡・春日神社へ行く時のおすすめのアクセス方法を紹介します。

目次